ホンマにイケんのけ?世界一周♪ヽ(´▽`)/

ギャンブル大好き42歳 with ギタ~♪

*

えーやんホーチミンの巻!!ホーチミン♪ヽ(´▽`)/

   

2008年3月19日(水)

 

『千葉県警がSNSで公開した交通ルール啓発動画に出てくるアニメキャラの女の子の容姿について、全国フェミニスト議員連盟が「性的だ」と抗議した。』

 

というニュースを見ました。

なんでもそのキャラのスカートの丈が短く肌の露出が多い事を問題視しているとかいないとか…

 

 

アホかな?

 

ニュースに画像が出ていたので見ましたが、よくあるアニメのキャラという感じしかしませんでした。

だいたいミニスカートを性的だと問題視する気持ちが1ミリも理解できません…

女性の人権が軽んじられていた明治や昭和初期のように、このような格好をして外を練り歩こうものなら「ハレンチ」呼ばわりされていた時代からすれば、ミニスカートや肌の露出などは女性が人権を勝ち取ってきた事の証なのではないでしょうか。

そしてそれらのファッションが何十年も廃れる事無く存在しているのは、誰に強制されるでもなくそのスタイルを『カワイイ』、もしくは『オシャレ』と思って選ぶ女性が少なからずいるからですよね。

 

今回のニュースで槍玉に挙がっていた女の子のキャラは女子学生。

僕がガキンチョの頃から女の子は校則で定められているスカートの丈をなにやら上手に詰めてみんな短くしていました。

それはきっとそうした方がカワイイと思っていたからなのだと思います。

今の時代もそれは変わらないハズ。

そんな女の子のアニメのキャラを登場させたからといってどんな弊害があるというのか…

 

本来なら『女性のファッションは抑圧されず自由であるべき!』

 

と主張するのがフェミニストの仕事であるハズなのに、こんな格好は性的であるとかどうとか決め付けている時点で本末転倒ではござらんか…

小中学生に見せる映像に相応しくないとの事らしいですが、逆に子供を舐めてませんかね?

フェミニスト団体の人達の少年少女時代の方が今よりよっぽど内容がエグいテレビ番組とかがあったと思うのですが、それを見て育った世代の方々にそれらの番組が悪影響を与えたとはとても思えませんな…

 

こんな事で目くじら立てるなら、四六時中テレビの中で同じような格好をして歌ったり踊ったりしている現実のアイドルとかはどうなるんでしょう…

あの伝説のアイドル、ピンクレディーにも同じ事言えるの??

まーリアルタイムで見たことないですが。

しかもこのキャラの所属?する事務所の社長はそもそも女性らしいですね…

BLMを叫ぶ外国人がアジア人差別をしているニュースを見た時と同じような衝撃です。

 

公園の遊具が危ないからと撤去する政策同様、行き過ぎた正義感で本来守るべき存在であるはずの女性の仕事や立場を奪ったりしていませんかな??

 

何事も過ぎたるは及ばざるが如しですな…

 

 

なんのこっちゃ。

 

そんな横暴な今日の1曲♪

 

『感情』 wacci

 

歌詞が良いですな♪ヽ(´▽`)/

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

今日は目覚めると9時ぐらいでとりあえず朝飯(フォー…)を食べてからホーチミン博物館へ。

なにやらたくさんのホーおじさんにまつわる品々が展示してありCDまで売っていたが、バカでかい敷地内に観光客は20人足らず。

まったく人の気配が感じられないオジサン博物館は維持費がかかって大変そうだった…

 

ホーおじさん。

俺の人生に博物館は必要ないかもしれんな。

 

そんなおじさん博物館を出て、歩いてメインストリートまで戻る途中アメリカの100ドル札の偽札を拾う!

ベンジャミン・フランクリンの肖像画は本物と変わらなかったが色が真っ白…

おまけにところどころにカラフルな蛍光緑のペイントがちりばめられている。

誰が騙されんねん…

 

その後ベンタイン市場という大きなマーケットに行きお土産の箸を買いTシャツと涼しげなハーフパンツもゲット!

が、宿に戻って解放間溢れるパンツに着替えようと思ったら水着やった…

どないやねん。

まーなんかの役に立つやろ。

 

1.5ドル。

 

 

さらに小さな楽器屋を発見し、ウクレレみたいなミニギターを2000円で衝動買いしてしまう…
(やはり後々邪魔になる…)

店のオバちゃんが左用に弦を張り替えてくれたので宿でちょこっと弾いてみると完全にチューニングがおかしい…

見事な不協和音を奏でるミニギター…

まーそこはご愛嬌と開き直り、さっそく近所にあった大きな公園へ繰り出す。

 

ウクレレ風ボロボロチューニングギターを小脇に抱え公園到着。

何やら妙にテンションが高くなっていたのでさっそく弾き語りで日本の歌を死ぬほど大声で歌ってみた。(選曲はなぜかICE KOHのRespect Parents…なんでこのチョイス?)

 

道行く人の反応はチラっとは見てくれるが立ち止まる人はいない…

 

うわ…

恥ずかし…

やめよかな…

 

とナヨった矢先に若いカップルが足を止めてくれた!!

それからは親子連れ、花売りの女の子やクツ磨きの少年、地元の女子高生などが集まってきてものすごい賑わいに!

 

おぉ!!!

なんかウケた!!!!

オモロいやん!!!

演奏はボヨンボヨンやったけどみんな楽しんでくれてたみたいでよかった!

 

見事なマルコメやなー!笑

あらカワイらしい。

 

触発されたのかハーモニカを持参のじーさんが現れ、ご機嫌でハーモニカを奏で始める。

吹いていたのはおそらくベトナム民謡みたいな曲やとは思うがめっちゃ上手い!

集まって来た人達がそれぞれ俺らの周りで遊び出す。

 

クツ磨きの少年はかなりのお調子者らしく、ギターを弾かせてくれとか逆立ちするから見てくれなどとにかく何かをしていたり、とてもカワイイ花売りの女の子3人姉妹は貸したデジカメで勝手に30枚ぐらい写真を撮っていた…

 

ジーサンのハーモニカをBGMにみんなで話をする。

ベトナム語が全くわからないしこちらの言葉も伝わってるかどうかもナゾやったけど非常に楽しい!

 

お調子者ボーイ。

ハーモニカじいさん&フラワーシスターズ。

指写ってるトコがナイス。

 

気づけば辺りは暗くなり始めていたためそろそろ戻る事に。

花売りの女の子に明日もくるかと聞かれたのでもちろんYES!

 

そのあと宿に戻り近所の食堂でやはりフォーを食べる。

ベトナムに来てから毎日フォーやけど店によって具や味付けが微妙にちがうし、とにかくめっちゃウマい!

満腹になったところで腹ごなしに昨日より早めにクラブへ行こうという話になり、9時過ぎに店に向かう。

 

今日もやはり店は大繁盛。

平日なのにすごい人!!

 

とりあえず中心地帯へ行き踊っていると、ものスゴイ腰使いのオネーチャンがケツを突き出しながら俺の方へと近寄ってきた!

そしてウィンクをしながらアイコンタクト。

どうやら一緒に踊れと言っているようだ…

ま、漫画かよ…

 

せっかくなのでしばらく一緒に踊ったのだがオネーチャンの艶かしい腰つきとセクシーアイコンタクトのオンパレードに思わず前かがみになる…

ど、どういうつもりですかな…?

 

一瞬やましい事を考えたが、しばらくするとオネーチャンは腰をくねらせながらどこかへ去っていってしまった…

どういうつもりもへったくれもなかったわ。

 

ふと周りを見渡すとベトナムギャル達は数人いた欧米人のもとに群がっている。

欧米人はやはりモテモテで得意げな顔でダンスを披露していた。

 

むむ!!

お、おのれ!

ちょっと身長と鼻が高くて男前で金髪で青い瞳でオシャレでダンスが上手いだけやんけ!

うらやましいんじゃボケ!

 

 

いや、まーめっちゃカッコえーねんけどね…

 

俺もそれなりの格好してたらまだ見れるハズ!!

知らんけど…

 

ひがみ全開のまなざしで勝手に見ず知らずの欧米人にライバル心を燃やしてる間にタカちゃんは英語ができるベトナムギャルと踊っていた…

なにやら英語で会話をしており、とても楽しそう…

うぉ…

抜け駆けおった…

うらやましいんじゃ!!!

 

スゲーなタカちゃん…

 

なんかわからんが負け組に編入した気分になり、昨日と同じくコーラを飲みながら端っこのテーブルでたたずむ放置民…

取り残された感たっぷりのまま2時半の閉店までいた…

約3時間ぐらい1人でコーラを飲んでいた…

 

店を後にして歩く二人はまさに陰と陽。

当然俺が陰。

 

セブンイレブンでアイスを買って帰ってヤケ食いする。(ウソ、普通に食べる。)

街はまだまだ眠らない…

 

ホーチミンはかなり楽しいが明日はタカちゃんが帰国してしまうらしく、俺もノービザの期間がヤバそうなので次の街ニャチャンというところに向かうことにした。

もーちょいホーチミンにおりたいような気もするが仕方がない…

 

そういえば公園の花売りの女の子に花はいらないと言うと、

「Why?」と聞かれる…

なぜ花がいらないの?

すばらしい一言!!

 

いい営業マンになれるで。

 

現在地

ベトナム ホーチミン

HAI DUONG ゲストハウス

 

↓を押すと、このギターまだ持ってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インスタグラム♪

shinshin1512

フェイスブック♪

Shintaro Fujisawa

メールアドレス♪

shinshin1512@gmail.com

 - 番外編