ホンマにイケんのけ?世界一周♪ヽ(´▽`)/

ギャンブル大好き42歳 with ギタ~♪

*

香港めっちゃえー感じの巻!!香港♪ヽ(´▽`)/

      2021/10/25

2008年3月31日(月)

 

中学2年の時、普段影で呼び捨てで呼んでいたヤンキーの先輩がいたのですが、(本人の前では○○くん)ある日後輩と話している時に「さすがに本人の前では呼び捨てにできないだろう」という話になりました。

当時底抜けにアホだった僕はやめておけばいいのに、

「余裕でできるで。」

などと答えてしまいます。

当然後輩からは本当にできるのか疑問を持たれたため、見とけよと言わんばかりにその先輩の下へ向かい、何の恨みもないのに

「おい、○○!!」

と呼んでみたところ、

 

 

「誰に向かって口きいとんじゃ!」

 

 

と先輩は漫画のようなセリフで怒り狂いました…

そらそーやわな…

 

しかし後輩が見ている手前謝るワケにもいかず、こちらが200%悪いクセに後には引けない僕は

 

「お前に言うとんねん!」

 

と先輩の怒りに火を注ぎます…

 

 

もちろん殴られますよね…

そうなるともうどうしようもないので殴り合いのケンカが始まってしまいました…

序盤、腕力に恵まれていた僕はかなり優勢だったのですが、途中で冷静になってしまいなんだか申し訳ない気持ちが沸きあがりました。

そしてあろうことか

 

「もうえーやんけ、やめようぜ。」

 

 

と自分からケンカを売り、けっこう一方的に殴っておきながらとんでもなく自己中な発言をしてしまいます…

僕の身勝手な提案に先輩は「おちょくってんのか!」とさらにヒートアップ!

当たり前ですわな…

 

完全にヤル気をなくしていた僕はなんとか先輩を羽交い絞めにしようと試みますが、もみ合いになってすっ転んだ拍子に馬乗りになられ、顔面をおもいっきりドツかれました。

すると目から血が出てしまったようで視界が歪み、それを見た先輩もやたら冷静に戻り、

「しゃーない、やめといたるわ!」

と言い残して去って行きました。

なんだか負けたみたいで若干イラっとしたのですが、完全に僕が悪く先輩を責める要素は皆無なので、めちゃくちゃアホくさい気分と右目の傷を手土産に家に帰りました。

何をしているのか…

 

 

おや??

 

 

右手の親指が折れていましたな…(骨折5回目)

 

どのタイミングでやねん…

 

そんな天罰覿面な今日の1曲♪

 

『FUNKY STAR』 米米CLUB

 

これまた懐かしい!

とても不思議な曲です♪ヽ(´▽`)/

 

~~~~~~~~~~

 

朝起きてメールをチェックするとフエで一緒だったヨシくんからメールがきていて、香港のセントラルという所にめっちゃくちゃ美味しいエッグタルトの店があるという情報をゲットする。

本屋のあとで買いに行ってみよう。

地球の歩き方をゲットしたらそのまま中国へ入ってしまうつもりなので荷物も全部持って行く。

さっそくもう乗り慣れてしまった電車に乗りコーズウェイのそごうへ向かう。

 

何度目かのコーズウェイ到着。

真っ先にそごうの本屋へ向かい地球の歩き方コーナーへ。

しかし中国南部という都合の良い本はなく、分厚い中国全土版を買うハメに…

たぶん20分の1ぐらいしか使わんやろな…

しかたがないのでそごうを出て駅の中で雨宿りしながら中国への入り方を調べると、どうやらホンハムという駅から電車で国境を越え『食は広州にあり』で有名な広州へと入るらしい。

所要時間は3、4時間ぐらいらしいのでわりと近い。

ほな夕方からでも余裕でいけるな~!

香港もーちょい見て回れるやん。

 

そういえばヨシくんのメールにはエッグタルトの他に香港にはどデカい大仏があると書いてあったな。

奈良の大仏を意識して作られたらしく同じぐらいの迫力なのだとか。

 

が、調べてみるとけっこう遠く、さらに今日はあいにくの雨…

というか荷物を持ったまま遠出するのが面倒くさいのでやめておく…

となれば腰が抜けるほどウマいらしいエッグタルトやな!

 

一応予定は決まり、そのまま切符を買ってセントラル駅に向かう。

店の名前は『泰昌餅家』というのだが、向かう前にかなり腹が減っていたので先に昼飯にしよう。

そういえばせっかく本場に来てるのにラーメン食べてないな…

と思ったらどうしても食べたくなりラーメンを求めてさまよい歩く。

大通りから裏道に入りやたらと多い坂道を進む。

小雨と街並みが素晴らしくマッチして非常にオシャレな光景。

なんとなく神戸のような感じ!

香港いろんな顔があるな~!

 

しばらく歩くといかにも中国風なレストランを発見し、店員にラーメンはあるか尋ねると米麺のラーメンがあるみたいなので入ってみる。

ちょっと薄暗い感じのオシャレな店内は食欲をそそる香りが漂う。

さっそく米麺ラーメンを注文し食べてみると、トンコツ風でこってりしていてめっちゃ美味しい!

昔神戸の南京街で食べたラーメンがかなり微妙だったため全然期待してなかった分余計にウマい!

 

距離、ピント…

 

すごい勢いで食べ尽くし、汁まで飲みきった!

美味しいうえにボリュームたっぷりで、値段も300円ぐらい!

これはスバラシイ!

 

ただかなり腹が膨れてしまったのでタルトが入るかが心配…

ところがそんな不安はよそに『泰昌餅家』自体まったく見つからない…

どこにあんねん…

まー時間はあるし腹ごなしの散歩がてらと思い誰にも聞かずに重装備を背負いひた歩く。

さすがに疲れてきた頃に目の前の小さな店の看板に『泰昌餅家』の文字が。

 

ここか!!

やっとたどり着いた…

近づくと店の外にまで広がるあま~い香りが。

これはかなりの期待感!!

やはりエッグタルトがメイン商品らしく、かなり強調されて並べられていた!

値段は4.5HKD(約60円)とお手ごろ価格だったので2つ購入し、雨宿りできる高架下に腰を下ろし一口。

 

うま…

マジかよ…

すげー!!!

 

冗談抜きで今まで生きてきて食べたお菓子の中で確実にTOP3に入るのではないか!

小学生の時おばあちゃんの家で初めて食べた月餅饅頭より美味い!

福岡名物博多とおりもん(めっちゃくちゃ美味しい)より美味いかも…

とにかく俺の稚拙な国語力ではとても表現できない美味しさ!!

 

こんなウマいエッグタルト食べたことないわ!!

まーエッグタルト自体食ったことなかったけど!!

考案者の意気込みを感じずにはいられない!

ド肝抜かれたわ…

 

店自体はとても小さくその辺のパン屋さんと同じぐらいだが、あまりにも偉大な味すぎてスネ夫の家ぐらいデカく見えた。

 

一つはすぐに食べ終わってしまい、もう一つはじっくり味わいながら食べた!

満足の極みですな!

 

しかし香港はステキな街やな~!

食べ物はウマいしオシャレやし、かと思えば下町っぽいトコもあったりするし。

若干物価が高いのが辛いけど、もう少しお金に余裕がある時に来てたらもっと楽しめるやろな!

 

いい感じで腹も膨れ、ふと時間を見ると3時過ぎ。

そろそろ切符を買いに行かないとヤバイかも。

でも中国に入る前に一応ベトナムで会った3人組に連絡だけでもしておこうと思い、ブライアンは昨日メールの返信がなかったのでパトリックに電話してみる。

てか電話って身振り手振りが伝わらんけど大丈夫かな…

そして聞き取れるかな…

 

まー考えていても仕方がないので電話してみると、パトリックはちゃんと覚えていてくれた!

テンションが上がったが

「今仕事中だから5時にもう一度かけてくれ。」

と言われる。

そらそーやな…

申し訳ない。

とりあえず一旦尖沙咀まで戻り、古本屋で5時まで時間をつぶしてから再度かけてみる。

すぐに出てくれて彼は

「一緒に晩御飯を食べよう!」

と誘ってくれた。

もちろんOKし灣仔駅のBゲートで6時に待ち合わせとなる。

こうなったらもう中国は明日やな!

 

しかしハノイでは彼らと晩飯に行けなかったのが数日後に遠く離れた香港で行くことになるとは!

ホンマ何が起こるか分からんな~!

 

テキトーにブラブラしつつ5時45分ぐらいに灣仔行きの電車に乗り込む。

すると1駅過ぎたとこらへんで異変に気づく。

あれっ…

帽子がない!

どっかで落とした??

 

例のカンボジアン麦わら帽が見あたらない…

 

尖沙咀の駅かな?

でも戻ってる時間はないぞ…

 

クソっ、しゃーない!

帰りに駅員に聞いてみよう…

まーあんな麦わら帽子なんか香港のオシャレっ子は持って帰らんやろ。

 

などと決め付けつつ55分ぐらいに灣仔到着。

Bゲートに向かうと6時ピッタリにパトリックが現れる。

彼はハノイで会った時のラフな服装とは違い、スーツでバシっと決めて発売されたばかりのiPhoneを持っていた…

日本ってまだ発売されてないよな~!

スゲー!!

とりあえず再会のあいさつをしていると、パトリックの後ろから女の子が2人やってきた。

どうやら彼の友達でハイディとフロアーという名のキュートな香港ガール!

 

カワイイ…

そしてオシャレ…

二人はやたらノリノリでハイタッチをかましてくる!

そしてとびきりの笑顔で

「私たち日本人大好きなの!」

 

 

ステキだ…

しかもハイディは東京の大学に4年間留学していたらしいので日本語はペラペラ!

恐らくパトリックが気を遣って通訳も兼ねて連れて来てくれたのであろう。

 

そうこうしているうちにエスカレーターから誰かが降りてきた。

ブライアン!

わざわざ来てくれたんや!

うお~、なんかスゲーうれしいぞ!

 

ただ残念ながらネルソンは仕事のため来れず、ブライアンも付き合っている彼女の家族と食事の約束があるらしく、すぐに帰らなければならないのだとか…

ブライアンが帰るまではほんの10分ぐらいだったが、あれからのことや香港のことなどを色々話す。

どうやら彼もハロン湾から戻った次の日に置き引きの被害に遭ったらしい…

悲惨やな…

 

そしてハイディが通訳してくれるので会話が非常にスムーズ。

外国語話せるってスゴイな…

 

記念にみんなで写真を撮り、ブライアンはそのまま帰っていった。

来てくれてありがとう!!

 

アゴ紐の意味…

 

その後はパトリックのおススメの店があるということで4人でコーズウェイへ向かう。

コーズウェイの駅から少し離れたとこにある店に到着すると、おいしそうな匂いと沢山の人が。

さっそく席に着き、みんなと同じようにチャーハンとシューマイ(絶品らしい)を注文する。

すぐに料理が運ばれてきたのでさっそくつまんでみるとたしかに美味しい!!

昼ご飯もタルトもガッツリ食べたのに一瞬で平らげてしまった。

香港飯美味いな!!

 

食べている間も色々と話をする。

ハイディの流暢な日本語はとても聞きやすい。

 

そんな中、荷物をイスの後ろに置いていたのだが、それを見たパトリックに

 

「この辺は中国人が多いので荷物は足元に置いといたほうが良い!」

 

と言われる。

???

 

「なんで?」

 

「ドロボウが多いからだ。」

 

 

「いやいや、君らも中国人やん。」

 

と言うと、

 

「違う!僕らは香港人!!」

 

ちょっと怒られた…

 

どうやら彼らはあまり中国が好きではないらしい。

この時は知らなかったが、政治的な問題で香港や台湾の人は中国と一緒にされるのを嫌がっているようだ。

やはり少しは世界情勢とか勉強しておかんとダメやな…

スマンかった…

 

そんな感じなので明日中国に入ると言うと、気をつけろとやたら言われる。

どんな国やねん…

後で調べたら『中国』が、というよりも国境辺りの地域は治安が悪い場合があり、そういう事件が非常に多いらしい。

きっとそれを心配して言ってくれてるのだろう。

ありがとう!

 

晩飯はパトリックがみんなの分を出してくれた。

彼は風邪をひいていたのにけっこう無理して来てくれたっぽく非常に申し訳ない…

パトリックはコーズウェイからそのまま帰るみたいなので駅で深くお礼を言って別れる。

ホンマにありがとうな!!

 

大阪来る時は連絡してや!!

 

ハイディとフロアーは香港島に住んでいるにもかかわらず尖沙咀まで送ってくれるらしい!

ありがたや。

昨日と同じように船で尖沙咀へ戻る。

ハイディのヒアリング能力はとんでもなく、かなり早口な俺の言葉も全部理解してくれているみたい!

何回も言うけど言葉が通じるってスバラシイな~!

でも彼女はここまで話せるようになるのに相当がんばったんやろな…

ホンマ尊敬するわ…

 

香港と日本の事などいろいろ話しながら結局重慶大厦まで送ってくれた!

荷物を置いてから今度は尖沙咀の駅まで彼女達を送る。

二人ともホンマにカワイくてノリがよく、いいコ達やったな~!

ありがとう!!

 

ハイディとフロアー。 結婚してくれ。

 

 

彼女達を見送ったあとインフォメーションに行き、帽子の落し物を確かめてもらう…

が、どうやら届け出はないらしい…

駅の中をひたすら歩いて隅々まで探したが結局見つからずじまい…

しかたがない、諦めよう…

 

アンコールワットで買ったボッタくられ記念の7ドル帽…

かなりのお気に入りだったためショックがデカい…

 

意気消沈のまま重慶大厦まで戻り、すっかり仲良くなったパキスタン人の経営する1階のネットカフェでパトリック達にお礼のメールを送る。

今日もいろいろ楽しかったな~!

ただ明日こそえー加減に中国入らなヤバいな。

日程的にもキツそうやし…

 

パトリックが言っていたようなハプニングが起こりませんように…

 

現在地

香港 尖沙咀

重慶大厦 DRAGON INN

 

↓を押すと、翌日渡り廊下でめちゃくちゃ怖い先輩に「お前か?昨日○○とケンカしたの?」と詰め寄られ、内心(終わった…シバかれるわ…)と覚悟を決めたら、「やるやんけ。」と言って去って行った不思議な出来事にミステリーハンター。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インスタグラム♪

shinshin1512

フェイスブック♪

Shintaro Fujisawa

メールアドレス♪

shinshin1512@gmail.com

 - 番外編