ホンマにイケんのけ?世界一周♪ヽ(´▽`)/

ギャンブル大好き42歳 with ギタ~♪

*

ザンビア入国・DE・一悶着の巻!!ルサカ♪ヽ(´▽`)/

      2018/01/25

12月21日(木)

 

 

昨日の続きを今こうして書いておりますが、思い出すほどイラつきますね…

何がって思ったことを完璧に英語で話せないことです…

 

これは非常に困る…

 

肝心な時に単純な言葉しか出てこないのでは問題が大きくなった時に役に立ちませんな…

 

 

べ、勉強しよう…

 

そんな棒読みな今日の1曲♪

 

『オリビアを聴きながら』 杏里

 

 

切ない曲です。

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

昨日の続編です。

とにかくイラついておりましたのでかなりこちら側の主観で物事を語っておりますし、表現も含めて不快な印象を持たれる方もおられると思われますので『閲覧注意』と記載しておきましょう…

 

 

イミグレへ到着し、後部座席なのでずいぶん待ってから最後の方にバスを降りて出国審査。

ここで50ドルを支払いザンビアビザゲット。

 

まー3日ぐらいしかおらんやろけど…

そして再びバスへと戻ろうとすると…

 

 

運転手が宿で寝ているため出発は5時になるとのこと…

 

 

アホけ?

ほなあんだけ急いでたのは寝る時間が短くなるからやったんや…

 

 

 

アホなん??

いや、もちろん運転手に睡眠は大事なのは分かるよ…

でもそれで少しでも遅れた人は置き去りにして行ったり、昼飯の時間を10分にしたりするぐらいやったら出発時刻延ばしたらえーやん…

30分ぐらいしか変わらんやん…

到着が遅れると何か困るの…

 

アカン…

ホンマ分からん…

 

 

などというような話をしつつ寒いので外の屋台でチャイを飲んで温まる。

 

 

 

それでも若干冷えるためとりあえずバスに戻ろうか…

 

 

 

 

「えっ!?パソコンない!!

 

 

えっ??

 

キエちゃんが席でバッグを開けて呆然としている…

 

「ケースごと無くなってる!!!」

 

 

( д) ゚ ゚

 

 

どうやら席の上に置いてあったバッグの中からノートパソコンとハードディスクが入ったケースだけがキレイに抜かれているようだ…

 

マジで???

 

イミグレへ到着するまでパソコンで映画を見ていたので直前にカバンに仕舞ったのは間違いない…

こ、これは…

 

 

陸路でのタンザニア→ザンビアの国境を越えるには荷物検査は必要ないため、ほとんどの乗客がそのまま荷物をバスに置いて手続きをしに行く。

車内にはバス会社のスタッフが待機しているので、俺らも同じように荷物を置いて出たのだが…

 

よくよく見てみると、通路に置かれていた荷物や他の乗客のカバンもバスを出る前とずいぶん位置が変わっており、何者かが荷物を物色したのは確実のようだ…

その中で鍵を閉めていなかったキエちゃんのカバンから金目になりそうな物を盗んで行ったのだろう…

 

パソコン自体も痛いが、GoProや携帯で撮った写真のバックアップが入ったハードディスクが盗まれたのはかなり痛い!!

かといってこんな夜中に犯人を捜して捕まえる事など不可能に近い…

 

 

が、そう簡単に諦めるワケにもイカン!!

とにかくバス会社のスタッフに事情を説明しなければ!!

 

 

と、ずっと中にいたという若いスタッフに誰か部外者が入ってこなかったか尋ねると、どうやらブタゴリラの友達と名乗る人物が入ってきて車内で何やらゴソゴソしていたという…

そしてそいつはそのままどこかへ行ってしまったのだとか…

 

 

 

 

アホなん??

 

何やらゴソゴソしていた。」ちゃうわボケ!!

何やらさせんなよ…

めちゃくちゃ怪しいやんけ!!!

 

いや、まーそいつが盗んだと確定したワケではないが…

 

兄ちゃんを問い詰めてもゴニョゴニョとよく分からない答えを返してくる…

いやいや、君ずっと中におったんちゃうの??

鍵とか閉めてなかったん??

 

「鍵は閉めてなかった。」

 

なんでやねん…

閉めんか…

 

他にどんだけ荷物あると思っとんねん…

 

アカン…

話にならん…

とりあえず近所にあるという国境警察へ行こう…

 

ということで警察へ行くと少し眠たそうな警察が対応してくれた。

親切な対応でポリスレポートも書いてもらう。

まー事後処理やけど…

 

警察署の前。

 

 

う~ん…

こんな夜中に乗客が出払った隙を狙っての犯行となれば正直もう見つからないのではないか…

ただもしかしたら別の人間の犯行の可能性もあるので念のため乗客全員の荷物を確認させて欲しい…

一応こちらで出来そうな処置としてはそれぐらいしかなく、他の乗客からすると迷惑な話かもしれないが、キエちゃんもそれでダメならもう仕方がないと言っているし、まだ発車までは2時間ほどある。

 

一旦バスに戻ってその旨を伝えると、添乗員の兄ちゃんとちっさいオッサンは自分たちではできないので警察を連れてきてくれと言う…

 

再び警察署まで歩き警察官に頼んでみると、応援を呼んで5人でバスまで来てくれた。

ところが添乗員に事情聴取して話を進めるも、どうやらコンダクターのブタゴリラがいないと判断できないという…

 

ブタゴリラは宿で寝ているらしい…

 

ホンマ何のためにおるんアイツ…

 

ということで警察官は戻って行きブタゴリラを待つことに。

 

 

 

数10分後…

 

 

めちゃくちゃ不機嫌な顔をしたブタゴリラがやってきた…

さっそく事情を説明する。

 

すると…

 

 

 

 

カバンを置いて行ったお前が悪い!!

 

 

え?

 

 

「そんな貴重品が入っているのならなぜ置いて行った!!」

 

 

ブタゴリラブチ切れ…

 

 

いやいやいやいやいや!!!!

ちゃうやろ!!!

お前の台詞は絶対ソレちゃうやろ!!!

 

もちろん置いて行った事は十分に反省しており、そこについては今更言ったところでどうしようもない話。

というかそれ以前に置いて行ったのが悪いのではなく、盗んだヤツが100%悪いに決まっている!!!

そして乗客の荷物を盗まれるような状況にさらしているバス会社の方がおかしいのでは??

 

現に部外者が入ってるし…

ほんで盗まれてるし…

 

大体の話普通のバスならばイミグレで全員を降ろした後は、乗客の誰かが乗り込むまで、もしくは全員が揃うまではドアには鍵がかかっていて入れなくなっているハズ!!

そうでないならば今回のようにスタッフが残り、異常がないように見張るのではなかろうか!!

それはここがアフリカであろうが日本であろうが、鍵をかけるという概念がある以上普通にバス会社が守るべき義務!!

 

しかも今回は見張りの兄ちゃんが部外者を入れたあげく、乗客の荷物を漁っているのを咎めずに放置していたという意味不明っぷり…

そうなるとそのブタゴリラの友人が怪しい、もしくは兄ちゃんがウソをついているかのどちらかと考えるのが普通。

が、ブタゴリラに対してその部分を責めたわけでもなく、むしろ犯人が誰とかいうのも関係なしで、とにかくまだ車内に盗まれたパソコンがあるかどうかの確認だけさせて欲しいと言っただけなのに返ってきた言葉が「お前が悪い。」…

 

いや…

マジでアホなん??

 

どっちが悪いとかいう話今してへんやろ??

そんな責任問題持ち出してくんるんやったら鍵閉めてなかったお前らの方が絶対悪いやろ!!!

乗客が誰もいなくなった車内で添乗員が在中しているのに荷物が無くなった=部外者が車内に入った、そしてそれを添乗員が黙認したという事になる。

もしくは添乗員が盗んだか…

 

これだけでもバス会社の不手際だと思うが、鍵さえ閉めていればそもそも誰も入ってこれなかったのは確実なのでどう考えても責められる筋合いはないのでは…

 

それに仮に今回何も盗まれていなかったとしても、鍵を閉めていなかったせいで部外者が入り込み他の乗客の荷物も含めて色々荒らされたのは事実!!

そうなるとやはり重要なポイントは『鍵を閉めていなかった』ということになるので間違ってもブタゴリラがこちらに責任転換していい場面ではない!!!

 

というような事をもうちょっと簡潔に述べてみると、

 

 

 

 

なぜ鍵を閉める必要がある!!

 

 

 

( д) ゚ ゚

 

 

 

「鍵を閉めたら客が戻って来る度にいちいち開けるのが面倒くさいだろうが!!」

 

 

シバくぞ!!!

 

面倒くさいもクソもあるかボケ!!

閉めろ!!!

 

 

ほんで客はゾロゾロ戻ってくんねんから開けるの一回でえーやろ…

なんで1人戻って来る度に閉める設定に変えとんねん…

それに面倒くさかったらそんなに時間に差ないねんから全員揃ってから鍵開けたらえーやん…

 

頭わる…

 

だいたいブタゴリラは、「荷物を置いて行った方が悪い。」と言っていたが、言い換えればそれは紛失したり盗まれたりする恐れがあるということを自ら吐露しているのと同じ!!

ほな最低でも『外部からの侵入者に盗まれる』のを防ぐために鍵をかけるのは普通やろ…

 

なのに「鍵を閉める必要などない!!面倒くさい!!」…

 

 

あーたーまーがーわーるーいーーーー!!!!!!

 

矛盾て言葉知ってるか??

鍵を閉めなくていいほど安全なんやったら荷物も持って行かんでえーやろ…

 

ギャグかコイツ…

 

 

喚きながらヒートアップするブタゴリラ…

俺も無茶苦茶な英語で応戦…

 

 

そんな感じなのでもちろん話は平行線のまま…

 

荷物を確認して欲しいというこちらの要求は全く聞き入れてもらえず、終始高圧的で威圧的なブタゴリラ…

埒が明かないため警察を呼びに行き、駆けつけた警察官が諭しても「俺の責任じゃない!!」とわめき散らすブタゴリラ…

 

子供かよ…

 

てかお前のバスで盗難事件が起きたんやから少しは責任感じろ…

 

そして先ほど兄ちゃんが言っていたブタゴリラの友達とされる部外者の男のことは知らないという…

どないやねん…

兄ちゃんはブタゴリラにビビりまくっているのか何も言わない…

 

ワケわからん!!!

知らないなら知らないでそっちの方が大問題やんけ!!!

そんな簡単に部外者が入れるの??

物盗みたい放題のお宝バスですか??

 

かなりムカついたのでお前のバスは安全じゃない!と言ってみると、

 

 

 

「俺のバスは安全だ!!

 

 

♪ヽ(´▽`)/

 

アカン…

まるで宇宙人としゃべっているかのように話が通じない…

コイツ絶対パワハラ上司…

どないしたらえーねん…

 

 

警察も「応援が来る。」と言って一旦戻ってしまったのだが一向に来る気配はなく、結局出発時間になってしまいバスは動き出してしまった…

 

しかし車内でも荷物を荒らされた人やバス会社の対応に不満を持っていた人が味方になってくれて、全員の荷物を調べても良いと言ってくれた!!

そんな彼らの協力もあり、とりあえず乗客全員の荷物は一通り調べさせてもらったがパソコンは見つからなかった。

 

まーそーやろな…

でもここまでやって見つからなかったのならまだ諦めもつくとキエちゃんも言っているので、迷惑はかけたが乗客のみなさんに協力してもらえて助かった…

ありがとうございます!!

 

 

 

 

さー…

あとはバス会社のスタッフのバッグのみ…

 

が、今は走行中のバスの中。

さすがに運転席付近でガサゴソするワケにもいかず、小さいオッサンにも「止まってからにして欲しい。」と言われたので次の休憩を待つことに。

 

ちなみにこの作業の間中ブタゴリラは例のマットで横になって爆睡していた。

 

もう帰れ!!

一生寝とけチンカス!!

 

まー邪魔が入らんで良かったけども。

 

 

 

 

そうこうしているうちに次の休憩地点へ到着。

ブタゴリラはさっさとバスを降りてしまったので、小さいオッサンと助手席にいた黄色いシャツのスタッフに了承を取り、スタッフの荷物を確認しようとバッグに手をかけると、

 

 

 

「何やってんだてめーら!!!!勝手に人のバッグを開けるんじゃねーーー!!!!!」

 

 

ブタゴリラ咆哮…

運転席付近にいた俺らに運転席のドアを開けてバスの下から般若の形相…

 

いやいや、さっき止まったら開けるって言ったがな!!!

小さいオッサンに聞いてみろ!!!

 

 

「うるせーーーー!!!!とにかく勝手に開けるな!!!乗客が誰もいないのにお前らはフェアじゃない!!!」

 

お前が一番フェアちゃうねん!!!

それに乗客の荷物は全部調べ終わったわ!!!!

あとはお前らだけやねん!!!

えーから見せろボケ!!!

 

 

 

「ふざけんな!!!俺のバッグには貴重品が入っているんだ!!!」

 

 

やかまし!!!!

こっちはその貴重品盗まれとんねん!!!!

それにスタッフ1人立ち会っとるわボケ!!!

 

ほんでまーこれは関係ないけどお前さっき「荷物を置いていく方が悪い!」て言うとったよな!!!

お前も置いて行っとるやんけ!!!

こんな風に部外者に盗まれたら困るやろ??

だから鍵閉めろて言うとんねん!!!!

 

分かったか!!!

だからカバン見せろ!!!!

 

 

「お前らはめちゃくちゃだ!!!!」

 

お前がな!!!!!

 

興奮マックスのブタゴリラ…

言っていることも支離滅裂…

コイツマジでおかしいんちゃうかな…

 

 

とここでキエちゃんがなおも大声で喚き続けるブタゴリラに文句を言い返した瞬間、

 

 

「スチューーーピッド!!!!!スチューピッド!!!!スチューピッド!!!!スチューピッド!!!!!」

 

急にブチ切れたブタゴリラが運転席の下から乗り込んで来て、キエちゃんの足を平手で何発も叩き出した!!!!

マジかコイツ!!!!

 

これはさすがに見過ごすワケにはイカンのでバスの下に降りてスーパー口論になったが、俺の怪しい英語&頭の悪いブタゴリラでは当然話し合いになるハズもなくちょっとしたカオス状態に…

 

胸を小突いてくるブタゴリラ…

鼻息が荒い…

 

 

ヤバい…

コイツめちゃくちゃムカつくわ!!!

 

 

周りの人達が仲裁に入ってくれたが当たり前の如くブタゴリラは1ミリも謝らない…

ヒデくん達が責めると今度は、

 

「俺は彼女を叩いていない!!何を言ってるんだ!!!」

 

とすっとぼける始末…

 

通じるかボケ!!

目の前で見たわ!!!

 

 

あー腹立つ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

と憤ってみたところで解決に向かうハズはないので、究極に気を鎮めてブタゴリラに歩み寄り、本人立会いの下でバッグの中身を検めることに!!

 

 

 

 

結果どのバッグにもパソコンは入っておらず、外部からの侵入者が持ち去ってしまった線が濃厚に…

マジか…

 

ホンマクソやな…

 

 

最終的にブタゴリラはどんな意味かは分からないが、ほんの少しだけ「アイムソーリー。」と言っていた…

ホンマにそう思ってんやったら次からちゃんと鍵かけろ!!!

頼むぞタクワコーチスパイダー…

 

 

 

 

数時間後、バスはルサカのバスターミナルへ到着し、そのまま次の日の早朝のバスでビクトリアフォールの玄関口、『リビングストン』へと向かうため、バスの中で寝かせてもらえることになった。

41ヶ国目のザンビア入国は色々ハードやったな…

 

ザンビアは治安が良いらしいのでこんな事ももうないだろう…

でも気を付けとこ…

 

バス停。

 

 

 

 

しかし…

 

盗まれたパソコン自体は保険でなんとかなるかもしれないが、消えてしまった写真や動画は戻って来ない…

同じような被害に遭って旅を諦めたり不本意な一時帰国を余儀なくされた友人もたくさんいる…

そういえば俺も日本を出発して2日目にビデオカメラ、8年使っていたiPod、買ったばかりのデジカメや周辺機器を音速で盗まれた苦い記憶…

一瞬でキレイな景色撮るのとか諦めたわボケ!!

 

ホンマにやめてほしいわ…

貧しいとか生活苦とか言い訳にならんぞ…

 

人の物盗むなチンカス!!!

 

 

 

まーこんなトコで吼えてもどうにもならんけども…

 

吼えずにはおられませんな…

 

 

 

 

こんな事を書くとたまにブタゴリラと同じように「置いて行くのが悪い。」などという意見が出たりもするが、置いて行ったのは失敗であって悪いことではなく、盗んだヤツが100%悪い!!!

強盗も殺人も然り…

 

ただそういった犯罪が多いとされている国に滞在する限り防犯対策は個人で徹底しておかなければいけないのは確か。

なので今回のバス会社に責任の全てを押し付けるというような考えには至らないが、それでもたくさんの乗客が利用するバスならこちらが対策を取るのと同じように最低限の防犯意識は持っておいて欲しいものだ。

何かあった時に真っ先に乗客を責めるような態度しか取れないようではいつか大問題に発展してもおかしくない…

 

小さいことから始めて行こうぜタクワコーチスパイダー…

 

 

特にブタゴリラ!!!

お前は日本に渡って小学校で道徳の授業受けてこい!!!

 

 

あー、久しぶりにムカついたわ…

 

もしこの日記を読んで「そーでもないけどな。」とか思った神か仏ようなアナタでも、実際にブタゴリラを見たらワンパン入れてると思いますよ…

 

 

 

 

知らんけど。

 

 

↓を押すと、とりあえず犯人の金玉が両方潰れます。女やったら金玉が付きます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

メールアドレス♪

shinshin1512@gmail.com

フェイスブック♪

Shintaro Fujisawa

 - ザンビア, タンザニア