ホンマにイケんのけ?世界一周♪ヽ(´▽`)/

ギャンブル大好き42歳 with ギタ~♪

*

ウワサの沈没タウンへ到着の巻!!ダハブ♪ヽ(´▽`)/

   

10月19日(木)

 

 

地元の友達が来月結婚するのでビデオレターを送ることになりました。

 

おぉ…

 

曲も作らねばならない…

 

ま、間に合うだろうか…

 

 

そんな緊迫な今日の1曲♪

 

 

『Power of Love』 Huey Lewis

 

これはアレですわ…

 

伝説の映画『バックトゥザフューチャー』の挿入歌ですな!!!

 

オープニングのシーンでこれがかかっただけで大興奮!!!

 

 

あー…

 

また観たくなってきた…

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

 

5時半の目覚しで飛び起きて全員を叩き起こす。

 

エジプト入国の時間の関係上朝7時発のバスで国境付近のエイラットという街に向かうため6時過ぎに出発。

 

アサミさんはわざわざ早起きして見送ってくれた!!

 

アサミさん!!

2日間ホンマ楽しかったです!!

後半もクラブ楽しんで下さいね!!

日本戻ったら絶対遊びに行きます!!

それかどこかの国で先に会えるかも!!

 

それではまた♪ヽ(´▽`)/

 

 

とても愉快でステキなオネーサンに別れを告げ、エイラット行きのバス停があるセントラルまではトラムで向かう。

 

セントラルの駅の真向かいのビルの3階にバスターミナルがあり、エイラット行きのチケットを購入しようとカウンターへ行くと、すでに席が埋まりかけていてギリギリで人数分ゲット!!(70シェケル)

 

ターミナル。

 

 

バスは充電もできるしWi-Fiも飛んでいるためヨーロッパの如く快適な移動。

 

 

休憩所で飲み物を買っている隙にバスが発車してしまい、危うく置いて行かれそうになる…

 

 

11時頃にエイラットの街中へ到着。

 

トラックはイスズ。

 

 

本来ならエジプトビザをこの街で申請してから国境を越えるのがベストのようだが、丸一日かかるため宿泊費や食費を考えると別の方法でビザを取る方が効率的ではないかという意見で一致。

 

ということでそのまま15番のバスに乗って国境まで向かう。(4.2シェケル)

 

 

さて、この別の方法というのが曲者で、そのまま国境で取得するか、シナイ半島だけノービザで2週間滞在できるというエジプトの変わった制度を利用して、ダハブでビザを取得するという方法の2つなのだが…

 

色々なブログを参考にさせてもらったところ、国境で取得する場合はビザ代25ドルに加えて旅行会社に手数料?を払わなければならないらしく、最終的に90ドル近くするようだ…

 

 

たけーな…

 

しかしダハブで取得する場合も旅行会社を通さねばならないのは変わらず、その手数が未知なのでどちらがリーズナブルなのかは判断が難しい…

 

 

 

う〜ん…

 

 

ダハブにしてみよう…

 

 

特に理由があった訳ではないが、もしかしたらダハブの方が安かったりしてという仄かな期待が胸をよぎったのもある。

 

まー失敗してもそんなに変わらんやろ!!

と意を決し、終点の国境前で降りる。

 

国境前。

 

 

 

イスラエルの出国には税金がかかるので出国税100シェケルを支払い、余ったシェケルはそのままカウンターでドルに替えてもらう。(当然の如くレートは微妙)

そのまま通路を通ってエジプト側のイミグレへ。

 

入国審査の際になぜか俺とキエちゃんとクロちゃんだけ荷物を全部開けさせられるという謎事態に陥り地味に時間がかかったが、特に問題なく35ヶ国目のエジプト入国!!

 

何もない。

何イキってんねん。

 

 

 

したのは良いが、ダハブ方面へ行くバスは1時間に一本ぐらいのペースでしか出ていないらしい…

 

まーでも4人の強みを活かせばタクシーでもそんなに高くはないため、声をかけてきたタクシーと交渉して300ポンドでダハブまで乗せてもらう。(1ポンド=約6.3円)

 

走り出した車の中から見える景色はまるで初代猿の惑星のラストシーンのように茶色の山と荒野以外なにもなく、こんなトコで暮らしてたらヒマで死にそうになりそうな光景が広がる。

 

 

 

そして車内にはアラビアンな音楽がとんでもない音量で流れており、このまま眠ってしまうとうなされそうなムードが漂う…

 

しかもオッちゃんは電話がかかってくる度にBGMを上回る声量でまくしたてるためセンスの悪いクラブさながらのダイナミックな道中となる…

 

 

いや…

音楽消したら??

 

 

 

という正論はそっと胸にしまい込んで。

 

 

 

 

近年の情勢不安の影響なのか、集落付近には必ず検問所があり、警察官が半分テキトーに対応している。

 

何度目かの検問を越えた辺りでようやくダハブの看板が見えた。

 

 

とりあえず先に調べておいた宿が、ダハブでは有名なディープブルーとセブンヘブンという宿。

どっちでも良かったがセブンヘブンの方が若干安いということでセブンヘブンにしてみる。

 

 

タクシーのオッちゃんも場所を知っていたので目の前まで連れて行ってもらいさっそくチェックイン。

 

ダハブも猫がたくさんいる。

 

 

エジプトの通貨であるポンドが全然なかったためまずは両替。

ダハブではATMで外貨からポンドに直接できるうえにレートもほぼ等価らしく、とてつもなく便利!!

 

 

が、肝心のATMに現金が不足している事が多いみたいで今回もそのパターンに陥ってしまい換金できなかった…

 

ただ、宿の兄ちゃんがスーパー親切で、ユーロを完全等価で両替してくれた…

 

どうもありがとう!!

 

 

そのままアサミさんに教えてもらっていたキングチキンという店で晩飯。

 

陽気なオバちゃんズ。

どこにでもいて人懐こい。

とても美味しい。

 

腹いっぱい食べて飲んで50ポンドぐらい…

イスラエルから急激に安くなった物価の驚きは嬉しい限り!!

 

タバコは15ポンド、ジュースも5ポンドとめちゃくちゃ安く、海も近くてご飯も美味しいとなれば沈没条件がこれでもかと揃っている…

 

 

やはりマネキンはおかしい。

 

 

 

なるほど…

気持ち分かるわ…

 

しかもかなり夜遅くまで店は開いているし、客引きも全然しつこくなくて雰囲気もステキ!!

 

これは明日からも楽しみですな!!

 

 

などという話をしながら戻り、俺のバッグの中身をひたすら断捨離するという行為を2時間近く続け、それからヤニブに移行して1日が終了。

 

おかげでバッグがとてもスマートに…

 

えらいすんまへんな~♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

ちなみに重要課題のビザの件を尋ねてみると、取れるには取れるがこちらでも手数料を払わなければならず、しかも出国のチケットを持っていないと110ドルもかかってしまうという…(持っていれば85ドル)

 

 

 

これは大失敗…

 

素直にエイラットで取っておけばよかった…

 

まーこればっかりは情報がなかったので仕方がないけど…

 

 

ということでエジプトビザを取ろうと考えている方がおられたら間違いなくエイラットで取得するのをお勧めします…

 

 

経験者は語る…

 

 

 

 

まーえーわ!!!

 

さー!!!

 

 

気を取り直して沈没生活が始まる!!!

 

 

 

 

のか?

 

 

 

↓を押すと、始まります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

メールアドレス♪

shinshin1512@gmail.com

フェイスブック♪

Shintaro Fujisawa

 - イスラエル, エジプト